カードローン申し込みから融資まで

最近では以前のように申し込みのために窓口へ足を運ぶ必要がなく、ネットで仮審査を行うことのできるカードローンも登場しております。これまでのような手間や時間をかけることなく融資を受けられるため急な出費の時に役に立つのではないでしょうか。いざという時のためにカードローンを持つという選択肢もあると思います。

 

カードローンには大きく分けて2つの種類があります。そのうちの一つは消費者金融会社系のカードローンです。審査の通り易さや融資の早さが特徴の一つです。もう一つは銀行系のカードローンになります。こちらも以前に比べると審査などは早くなっておりますが、2つのカードローンを比較するとやはり消費者金融会社系のカードローンの方が借りやすさや作り易さでは勝っていると言わざるを得ないでしょう。

 

そして申し込みをすませると多くのカードローン会社で仮審査へと進みます。例外的に仮審査なしで本審査へと進む会社もありますが多くのカードローン会社では仮審査後に本審査へと進みます。

 

【仮審査の情報入力には細心の注意を払いましょう】
仮審査では年収や会社名、勤続年数、居住年数などをウェブサイトなどの申し込みフォームから入力します。そのため極端に短い勤続年数や住所が定まらないような場合は審査が不利になる可能性があります。この時入力した内容に虚偽や入力ミスがあった場合はそれだけでカードローンの作成が困難になる可能性もあるため入力の際には細心の注意を払い真実を入力することが望まれます。

 

そして早い場合はその日のうちに遅くとも1週間前後で仮審査の結果は通知されるはずです。事前に自身が必要としている時までに融資が受けられるかどうかを確認しておく方が良いでしょう。