カードローンの仮審査で調べられることとは?

【過去の利用実績や借入状況なども審査の対象に】

 

カードローンを作る場合には、自分の情報が審査で調べられてしまうということを覚えておくとよいでしょう。

 

どのような情報が調べられてしまうのかというと、過去に利用したローンなどの利用実績や、その時に延滞などをしていないか、借入状況はどのようなものかなどです。

 

この過去の利用情報で何かしら問題がある場合には、審査に引っかかってしまい、通りにくくなってしまいます。

 

もし仮審査が通ったとしても、その後本審査の時にしっかりと調べられてしまうので本審査で落ちてしまうということもあるのです。

 

 

 

他にも他の金融機関からの借入金額や、借入先の多さなどもカードローンの審査の判断の一つになってしまいます。

 

他社からの借入が多い場合には、あとどれくらい残っているのか残高明細などを提示しなくてはいけないこともあります。

 

例え多額の借入があった場合でも、嘘をつかず真実を申告する必要があります。

 

 

 

【簡単にできる仮審査の落とし穴】

 

カードローンの仮審査は、最近ではとても簡単にできるようになっています。

 

WEBサイトから必要事項を入力するだけで簡単に仮審査ができるようになっているので、自分が利用できるカードローンはどれだけあるのかなど調べるためにあちこちと仮審査を申し込んでしまうのは危険な行為です。

 

仮審査を申し込んだ段階でこの情報は残ってしまうことになります。

 

短期間で沢山の金融機関に申込みをするというのは、とても信用情報に関わってきてしまい、マイナスのイメージにつながります。

 

金融機関によって審査内容は異なっていますが、これくらいならば平気かも?と考えず簡単だからとやみくもに仮審査を受けないほうが良いでしょう。