カードローン仮審査通過のために最低限知っておきたいこと

カードローンに申し込みをしたい、そう思った時にまず意識してしまうことは、どうすれば仮審査を通過できるのか?という問題かと思います。しかしながら、審査方法や審査基準についてはカードローン会社ごとに規定が異なるのですから、こうすれば必ず審査をクリアできる、と断言できるような明確な答えというのはありません。

 

ただし、大きく分けるとカードローンは銀行系と消費者金融系、この2つに分けることができ、どちらの系統のカードローンかによって審査基準も分かれる側面があるようです。また、どのカードローンも決まって必ず審査される部分というのもあります。それは年収や勤務先、勤続年数、年齢、他社からの借入総額などといった事柄です。このような事柄は、仮審査においても重要な判断材料となると思ってまず間違いありません。

 

仮審査を通過できても糠喜びは禁物

仮審査通過をもって安堵するのはまだ早いと思って下さい。カードローンの仮審査はコンピューターを使った自動的なチェックに過ぎないからです。また、仮審査に落ちるとすれば、信用情報機関への照会でなんらかの金融事故情報、たとえば過去に延滞などの情報があることが判明したり、複数先からの借入を行っていることが判明した場合などです。

 

もし携帯電話の機種を割賦契約で購入し、毎月の携帯料金とまとめて払っている最中に延滞を起こしても、この情報は個人信用情報機関に登録されますので、カードローンの申し込みにも暗い影を落とすこととなります。くれぐれもご注意下さい。

 

そしてまた、仮審査で篩にかけられたくなければ、借入総額や借入件数をできるだけ抑えることも重要ですし、事故情報が信用情報機関に登録されているのならばそれが消えるまで申し込みを避けるべきです。もちろん申し込み先を変更する、再度の申し込みの場合は時期を離す、などといったことも念頭に置いて下さい。間隔を空けずに複数回申し込みしてしまうと、よほど金銭的に困っているのではないかと見なされ、審査落ちとなることが考えられるからです。