カードローンの本審査について、仮審査で通っても承認されないことは?

カードローンについて、本審査と仮審査についてはどのように違っているのでしょうか。カードローンについては審査が二段階になっているのが普通です。まず仮審査を行い、その後に本審査を行うというのが一般的な方法です。それでは具体的にはどこが違っているのでしょうか?まず仮審査とは、申し込みに対して機械的に選別を行うものです。つまり、ネット上から申し込みをしてみるとすぐに申し込みの結果がわかるというケースがありますが、あくまでも申し込みをした情報が選別基準を満たしたかどうかの判断をされた結果に過ぎないのです。最近カードローンの利用が高まっていることには、この仮審査が機械的にスピーディに行われるということが理由の一つとなっています。

 

 ですがこの仮審査に通っただけではカードローンを作ることはできないのです。仮審査に通った場合には次に本審査が行われます。本審査というのは仮審査の際に提出された本人の書類や情報を詳しく確認し、また、会社などに実際に在籍しているのかを確認をするために電話をしたりすることもあります。本審査では、人間が本人の情報の信憑性を調べたり、書類について徹底して確認したりを行うのです。

 

 ですから仮審査を通過した場合でも本審査は通過できないという事例もありえるのです。たとえば仮審査を申し込む際に提出した申し込み書類について、勤続した年数に相違があったり、あまりにも実際とは違う年収を記載した場合や、他の事業者においてのカードローンの借り入れについて虚偽の申請があったりすると、仮審査を通過しても本審査を通過できないということになる場合があります。 

 

 そうはいっても、最近は比較的申請がとおりやすい傾向にありますので、申し込みの際には上記の事項に注意をするようにしてください。